04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボランティアⅩⅤ

本日、平日最後のボランティアに行ってまいりました

なぜ平日最後かは最後に説明します

ボランティアといえばこれ

ByvSCeeCEAEM4Cf.jpg

帽子シール!

略して帽シール!

胸や腕にシールを貼ってくれと説明を受けますけど

大量に汗をかく人間は胸や腕だと剥がれるんですよね(経験談)

なので、防止に貼っておけば少しははがれにくくなります

結果的に帽子も汗でぬれるので剥がれるんですけどね(^^;)

ただ、今日はこの帽シールが・・・・・・・

Byv9ueWCEAEM00I.jpg

イエローテープ帽シール!

にパワーアップしてます!

このイエローテープは班のリーダーさんにつけられる目印です

はい、今日はリーダーしてきましたよ(^^)

今日は八木方面のお宅の畑に流れた泥の撤去でした

24人で行ったんですけどね

まだ終わる気配がなかったです

なのに・・・・・・・・なのに・・・・・・・

とまぁ、ここから『平日最後』の説明になります

※ここからは俺の偏見がとても強くはいった文章になるかもしれませんがご了承ください

とりあえずこちらをご覧ください

ByvQkqhCIAA1Qqs.jpg

ボランティア変更のお知らせです

これらに書いてあることを簡潔にすると

10月からはボランティアは土・日のみとなります

県外からの団体ボランティアはお断りします

定員を超えるとボランティアに参加できません

駐車場も変更します

こんな具合ですかね

これが平日最後といった理由ですね

最初の項目、10月からは土・日限定になります

つまり平日はもうボランティア募集をしないということです

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

すみません、ここからは感情論+愚痴になります

「早く復興してほしい」

ニュースや住民の方から多く聞く単語です

そしてそれは俺だって思うことです

でも、10月からは土日だけの活動になります

住民の方から聞くところ

「あと1週間で重機もこっちの方に入らん用になる」そんな場所だってある状態でです

「土日だけだと来れなくなるな」

本日一緒になったボランティアに来た方が言った言葉です

重機がはいれない場所で人海戦術じゃないと作業にならないところもあります

「1日も早い復興を」

でも、10月からは土日で人数制限もあります

言ってることと、やろうとしてることが矛盾してません?

広島市はこれで10月には土砂撤去を完了予定と見込んでいます

・ボランティアは土日限定(おそらく多くは定員を設定しないでしょう)

・重機だって少しずつ撤退していってる

・県外からのボランティアはお断り

10月からこんな条件にしておいてです

曜日限定じゃ参加できないって人だっています

被災者の方が体力的にも精神的にも疲れてるから

少しでもそれを軽減してあげるためのボランティアではないんですかね?

受付でも「被災者の方は体力的にも精神的にも疲れています」って

何回も説明して、だから写真は撮らないでくれと言っているんです

なのにこの条件だと平日の間は

被災者の方がメインで撤去作業をしないといけないじゃないですか

県外・県内のチカラになりたいって人をはじいて

被災者の方に疲労を与えてどうするつもりなんですかね?

泥の撤去が今のスピードで行えているのは

業者と重機のおかげですか?

人も期間も減らして、今と同じスピードで作業ができると考えているんですか?

もう、人手がいるほど土砂のある場所は無いとでもいうつもりですか?

瓦礫や土砂の撤去というのは家さえ終わればそれで終わりですか?

今回の「ボランティアの変更について」を読んで今日作業をしてみて

本当に「1日も早い復興」を目指してるのか疑問に思わされました
スポンサーサイト

ボランティアⅩⅣ

本日もボランティアに行ってまいりましたよ!

ただ、怖かったのが

休日だったので行ったらもう定員オーバーですって状態でしたね

前回はそれで8:40にセンターについたけど帰ることになりましたし・・・

それ以降8:30までには行くようにしてるんですけどね

やっぱり休日は定員の集まりが早いのではないかとヒヤヒヤなわけです

Byf2-mlCEAE1VwX.jpg

そして恒例の帽シール

胸や腕に貼ってくれといわれますけど、

作業して汗かいてると胸や腕ではすぐ剥がれますからね

帽子でも剥がれる時には剥がれますけど

こっちの方がまだ貼れたまま作業ができます

そして驚いたのが今日はボランティアセンターの受付に

3回目のボランティアの時に一緒の班だった外人さんがいたことですね

しっかりとあいさつもしてきましたよ(^^)

本日作業をしたのは2回行ったことのあるお宅でした

つまり今日で3回目です

こんなことってあるんですね(笑)

ただ、前回行った時よりも周りもそのお宅もかなり綺麗になってましたよ(^^)

午前中はそのお宅で作業をして

午後からは少し離れたところで泥をどける作業をしました

今日は晴れたのも相まってどんどん汗をかくので

水分を3L以上飲んでましたね(^^;)

これでボランティアは終わったのですが

今日は更に一仕事

昨日、婆ちゃんから畑を耕してほしいと言われたので

今日はボランティア後にそちらもすることに

Byh0Fv5CcAA-61X.jpg

こんな具合に草が生えているので耕運機でやるわけにもいかず

かといって草を抜くのも大変ということで

Byh0FwuCMAAlIil.jpg

この2本の出番です

何をするのかといいますと

無題

現在がこんな状態ですね

まずは4つ股の鍬で草の手前に穴を掘ります

無題2

なるべく深い方がいいですね

この時点で結構腕も腰も使いますから

そんなのを婆ちゃん1人にやらせるわけにもいかないですよね

無題3

掘った土は穴の手前に詰んでおきます

そして草の表面を平たい鍬で削って穴の中に入れます

無題4

最後に先ほど掘り出して積んでいる土を穴に戻して完成です

無題5

そしてまた穴を掘る→草を削る→埋める

これを繰り返したものがこちら

Byh0Fd1CEAAXV1G.jpg

やっぱり結構腕にも腰にも来ますね

ただ、今回のこの作業には少し条件が

・疲れている風を見せない

・ある程度のスピードは維持

これらですね

俺としてはこういった作業は無理をせずに俺を頼ってほしいのですが

婆ちゃんは孫の俺にやらせるのは悪いなぁと思ってるみたいです

なので、疲れていようがそれを婆ちゃんに感じさせてはダメです

少しでも婆ちゃんの苦労をなくしてあげたいのに

婆ちゃんの気苦労を増やすわけにはいきません

もう1つは

ある程度のスピードでやらないと婆ちゃんが鍬もって作業しだしますからね

それをやると足を痛めたりするから

俺が変わってやってるのに

婆ちゃんにやらせたのでは俺が来た意味がないですよね

なので休憩は鍬で穴掘った際に顔の汗を拭くぐらいになってました

まぁ、無理して倒れるのが一番ダメなんですけどね(^^;)

これらをできる範囲で守りながら耕してました

まぁ、思って行動してたつもりでしたけど

婆ちゃんからすればどう映っていたのかは分からないんですけどね(^^;)

あとは耕した畑にマルチをかけて完成です

Byh0FJ5CcAM6Z_W.jpg

ボランティアしてからの畑の耕し

やっぱり疲労感がすごいことになってますね(笑)

ただ、ボランティアで伺ったお宅の人にも婆ちゃんにも

感謝されましたからね

それだけで、今日作業をしてよかったと感じますし

この疲労感がとても心地よいものになりました(^^)

ボランティアXIII

久々に参加できた気がします

ここ最近は行っても既に定員オーバーで帰されたり

台風の接近によって中止になったりと参加できてませんでしたからね

本日は畑の泥撤去でした

ただまぁ、思っていたよりも速いペースで進んだので

午前中に終了

午後からどうなるのかと思ってましたけど

場所を移動して、家ごと泥で埋めている土砂現場での作業になりました

掘っても掘っても土か石ですね

そして畑の時よりもすごい量の汗

なんといいますか、久々に参加しましたけど

この感じ、土砂ボランティアに来たなぁって感じとでも言いましょうか

とにかく久しぶりに感じるものがありました

そして作業が終わってからの疲労感

これらすべてが懐かしかったですね

それでもこの疲労感、嫌な感じはしないです(^^)


ボランティアⅫ

完璧に寝てましたね

むしろよく途中で起きれた気すらします(^^;)

まぁ、寝ちゃった原因はこいつですよね(笑)

Bx-ND8uCEAE2DJt.jpg

ボランティアして汗かいて水分のないところに

水分(アルコール)入れたら、恐ろしい吸収率ですね(笑)

あっという間に酔いましたよ

とまぁ、寝ちゃってた理由はこの辺にしておいて昨日の更新です

久々の休日ボランティアでございました

前は行ったら定員オーバーで帰りましたからね

ここ最近平日ばかりでしたので休日にも参加したかったわけです

今回は側溝の泥出しでした

それもその側溝場所というのが数回前に行ったときにやってた場所で

実質、メンバーが違う状態で続きをしたみたいな形になりましたよ(笑)

それにしても水を含んだ砂はやっぱり重たいですね

土嚢袋に入れる量を考えないと上にあげる人も

上で受け取る人も大変でした

今回はじめて参加したという方も今回は多く

「実際に来てみないと分からないこともある」とおっしゃっていました

そう思ってくださる方が増えてくれるのは嬉しいですね

俺も初めて参加した時にそれは思いました

ニュースや新聞などの情報で知るのと実際に現場に向かって作業するのでは

気持ちが全然違ってきますね

今回は他にも安佐北区の方のボランティアにも参加されたことのある方もいまして

あちらの状況も聞きましたけど

なんといいますか・・・・・・

安佐北区の方が色々と体制が整ってるんだなぁというのが感想ですね

これもまだ俺は安佐北区の方には行ったことないので

結論付けるのは早いですが

今のところその方から聞いた話で行くとそんな感想を持ちました

そして今日も最後に知った顔の方と会いましたよ!

何回か行ってると顔なじみの人が増えるのも嬉しいですね(^^)

ボランティアⅪ

とまぁ、いつものボランティア更新をする前にです

ついに行方不明だった1人も見つかったみたいですね!

ボランティアが終わってから恒例化してる

「広島 ボランティア」で情報を見ていると

ついに見つかったという記事が!!

良かったというと少し語弊を招きますけど

それでも、行方不明のままでいるよりは見つかってくれてよかったと思いました

そして本日のボランティア更新

今日はサブリーダーをしました

あと、昨日一緒に行動した方

今日は資材関係のところでボランティアすると言っていましたけど

行ったら本当に資材の係りでいました(笑)

今日も八木小学校付近の側溝かと思ったのですが八木が丘でした

といっても知らない人からすればどこそれ?ですよね(^^;)

簡潔に言うと山の付近でございます

なので、ニュースなどで出てくる風景が眼前にありましたよ

ここ最近は空き地や側溝でしたから

家の復興はある程度進んでいるものだと勝手に思い込んでましたけど

そんなことはなかったです

山の付近ではまだまだ色々なお宅が人手を必要としてます

考えを改めないといけないですね

山の付近なんて大変じゃないとかと思いそうなのですが

なんといいますか・・・・

『ここは危険だからあまりやってはいけない』

という箇所がやっぱりでてきまして・・・・・

結果的にやること自体は普段と変わらないです(^^;)

ただまぁ、やっぱり手伝ったお宅の方に感謝されるというのは

達成感を感じますね

打ち上げ花火をあげられる四季の風景時計

プロフィール

寄本

Author:寄本
性格:面倒くさがり(マメな一面もあったりなかったり)
趣味:ジグソーパズル 果樹栽培 散歩etc
「気の向くままに」へようこそ

コメントを頂けると嬉しいです(^^)
昔の記事でも全然問題ないです

拍手コメントでもとても喜びます
拍手コメントの返信につきましては
そのコメントについて拍手コメントで返しています

リンクフリーです
リンクに追加していただいた方はこちらでもリンクに加させていただきます(^^)

ツイッターもしていますので、フォローしていただけると喜びます(^^)
https://twitter.com/effirstlatter
ツイッターでは「頼朝」って名前を使っています(^^)
こちらのブログと名前が違うのですが同一人物です(笑)

最近はクックパッドにも投稿中(停滞中)
http://cookpad.com/recipe/list/10002629

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。